DOLプレイ日記 へたれ商人奮闘記 その77?戦術?

| コメント(4) | トラックバック(0)

おいらの戦い方、というテーマで思うところを書いてみました。
特に参考になるものでもありませんが、興味が湧いた方は続きを読みをどぞ。



■戦術
フリゲ時代。
旋回の鬼、鉄製-16%フリゲートを乗り回し、敵陣を強行突破しつつ機雷を撒き、
機雷と砲撃の複合で相手を落とす戦い方をしていました。
フリゲは船員があまり乗らないため、白兵には全くの不向きな艦であったこともあり、
如何に相手に接舷されずに、如何に効率よく機雷を撒くかという1点を勝負所にしていました。
砲撃についても、中型艦ということもあり、そこまで強力な火力を有していないフリゲなので、
それ故に機雷の重要性が増すわけです。
今思えば、この時のスタイルがそのまま今に繋がっているのが興味深いところでしょうか。


アラガレー時代。
海事LVも20を過ぎ、ジェノヴァスクールにも飽きていた頃でもあったので、
何処でLV上げするか悩んだ末に壷に決定。
丁度中古のアラガレー -16%売りのシャウトに飛びついて購入もしていたので
迷う事無くカリブに行きました。
もっとも、最初の頃は壷に行かずに近場のNPCばかり狩っていましたが。


頃合をみて壷艦隊に参加し、戦闘用ガレオンまで一気に引っ張りました。


カリブでNPCを狩っていた頃から、
自分のスタイルが砲撃ではなく白兵にあることが薄々わかっていたので
砲撃系スキルを全て捨てて、完全白兵型にスイッチしました。


フリゲと違うのは、今度は白兵が主体となるため、
如何に相手の移動先を読むかが重要になりました。
漕船は加速度を上げますが、旋回が目に見えて落ちるので
状況に応じてスキルをきったりはったりしつつ
白兵狙いで相手を追い掛け回すスタイルです。


また、この頃から機雷の使い方も少々変わってきました。
以前は機動性を利用して相手に近い位置にぽこぽこ放り込むやり方でしたが、
アラガレーに乗り始めてからは、相手を追いかけることを前提に
今の相手の動きから追いかけるルートを想定して機雷網を引いておき、
そこに相手を追い詰めるやり方に変わります。
ただ、完全白兵型なため、基本的に大砲を使わないスタイルでしたので
機雷はあくまでも「相手の行動に対するけん制」でした。


で。現在。
砲撃系スキルなしは変わらないのですが、大砲を使うようになりました。
使うのはキャノンで、しかも名匠のみが基本です。
元々砲撃をぽこぽこ撃つのが好きではなかったので、
今のキャノンによる一撃必殺戦法が一番性にあっているようです。
機雷との組み合わせによって、クリティカルでなくても一発で落とせるのもまた魅力ですね。


基本的に船はガレー系しか乗らない為、スキルにそこまで差の出ていない中級者LVであれば
機動力の面でまず劣る事のないガレーの優位性を発揮して
殆どの場面において優位に戦闘をコントロールできます。
先日の身内同士の1on1で殆ど負けが無かったのですが、
その最大の理由はこの辺にあったりします。
白兵になれば圧倒的有利に事が進められるため、当然相手もそれは嫌がります。
が、重ガレーの機動力によって、相手に白兵を強制させやすく、
更に機雷を使って常に相手にダメージを与えつづけ、プレッシャーをかけ続けます。
相手が操船をミスれば、すかさずクリティカル狙いの一撃を叩き込み、
それがダメでも、白兵によって拿捕に持ち込む。
非常に選択肢の多いスタイルです。


ただし、このスタイルで戦った場合、上級者相手では歯が立ちません。
第一に火力の差がはっきり出ます。
機雷にしろ、砲撃にしろ、高R持ちの攻撃は洒落になりません。
逆にこちらがプレッシャーをかけられ続ける羽目になりました。
更に機動力重視の船装備にされたところ、相手船にまともに追いつけなくなり、
結果必死こいて追いかけ回してるうちに集中砲火であぼーんしますた。


更に更に。
白兵スキルの高Rな方が相手だと、1度の白兵で相手を仕留められなかった場合、
その後の行動で優位に立てなくなるという欠点が露呈しました。
白兵を強制する事の最大の強みは、実は白兵後の行動にあります。
相手は外科連打が基本になるのに対して、こちらは簡単な外科だけで済み、
攻撃行動から行動力・船耐久回復と、動作全般で一気に優位に立ちます。
この辺が実は相当大きいと思っています。
外科スキルはなかなか高Rな方もいないため、ごっそり船員を削られると
安全圏に回復するためにはF8連打以外ではかなりの手間がかかります。
特に相手が白兵主体であれば、尚の事最大回復させようとしますので、
この部分でお互いの行動手順に大きな差をつける事が出来ます。
完全白兵型の最大の強みはこの部分にありますが、
相手の白兵スキルが高い場合、この強みが消滅してしまうのです。
これが一番痛かったです。


今後の課題は機動力差が無い、若しくは相手が上の場合の戦い方と
白兵が互角、若しくは負けている場合の戦術の確立。
また、そうした相手に対して焦らずに戦えるだけのPスキルかなぁと思っています。


おまけで白兵じゃんけん用に防御覚えるかなぁとも(汗
なんか殆ど負け越して泣きそうでした(大泣



■ラ・レアルと重ガレー
最近機雷上げ兼海事上げということで、今まで愛用していた重ガレーから
ラ・レアルに乗り換えました。鉄製+17%の長期戦仕様です。


以前に壷に篭ってLV上げした際は、アラビアンガレーで一気に海事LV36まで引っ張ったので、
重ガレーもラ・レアルも同時に乗れるようになったのですが、
海事用にと増量型で作ってもらったラ・レアルの余りの緩慢な動作に振り回されてしまい、
重ガレーに乗り換えてしまいました。


高LVの方でも愛用者が多いと言われる重ガレーですが、
最大の特徴は機動性を重視したバランス型であるということでしょうか。
アラビアンガレーに比べれば機動性では劣りますが、
それ以外の全ての部分でアラビアンガレーを上回る性能を持っていますし、
減量型ならその機動性の部分も殆ど気になりません。
それだけ優秀な船だと思います。


対してラ・レアルはというと、確かに船員数も装甲も重ガレーを上回るのですが、
機動性についてはかなりの差があると感じています。
特に旋回については、今現在増量型に乗っているということもあってか
兎にも角にも遅い、というイメージです。
減量型を試していないのでなんともいえませんが、
今の動作を考えれば、ラ・レアルにはちょっと乗れないなぁと思う次第です。


もうちょっと色々試しながら乗り回してみますが、
いきなり重ガレーに戻りそうな予感がします。。。
どうしたものでしょうか。


現在BLOG Rankingに登録中です。
よかったら↓投票のほどよろしくおねがいしまふ(>▽<)/

MMO@BlogRanking

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://fountain-of-melchior.com/mt/mt-tb.cgi/164

コメント(4)

ペッ

ちょwwwwなにやさぐれてんのさwwwwwwうぇ
海事上げだとかスキル上げだとか、落ち着いた頃にまた勝負しようぜぃ^^

。。。。。。。。。。。。。。。

ちょwwww九条さんまでwwwwwww

なんだよぅ。おいらが勝っちゃ悪いのかよぅ(´・ω・`)

コメントする

カレンダー

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.6

中の人

元IT業界の人
オールラウンダーという名の
究極の器用貧乏

その後、紆余曲折を経て
生まれ故郷でしんなりしている
そんな黒瓜のBLOGです。

音楽大好き読書大好き
ニコ房で野球房
ヘタレサッカースキー
音楽はボカロからクラシックまで
野球は巨人、楽天

多趣味という名の器用貧乏(笑)

最近のツイート