開発屋と設計屋と騒音

| コメント(4) | トラックバック(0)

という区分け方でよいのかどうかもわかりませんが。


私は元プログラマーです。俗にいう開発ですね。
社会人のいろはってやつは、このプログラマー時代に培ってます。


現在はネットワークエンジニアとして働いていますが、当初の予想を豪快に裏切って
何故か上流行程側で仕事をしています。
設計と検証、そして設定のお仕事ですね。


今の職場は、現在関わっているジョブの関係で客先なのですが、
かなり大規模なジョブなので、ある程度分野を区切っています。
ネットワークだけでも、ハード面の構築、セキュリティ、インフラ等
複数に分かれております。
当然、開発もありまして、丁度私のいるシマのお隣だったりします。
ちなみに、反対隣は同じネットワーク系の別部隊のシマです。


開発時代。
当時の会社で仕事中のマナーについて口うるさく言われました。
私語を控えるのは勿論、携帯の着信音は消せとかPCのスピーカーは消せとかとか。
よくよく考えてみれば極当たり前の事だと思いますが、
要は「音をたてるな」というのが基本趣旨でしたね。
今考えてみて笑えるの項目に
「爪を伸ばすな。伸ばすとキーボードを叩く際にかちゃかちゃうるさい」
なんていうのもありました。


そして現在。
設計屋というか検証屋というか、そんな感じで仕事をしてますが、
周りは常に騒音公害モードです。。。
携帯の着信音は切らない、でかい声で私語連発、人の真後ろで大声相談会などなど。
環境がどうのというより、
私的には「人として、社会人としてどうなのよ?」というレベルです。
頭がおかしいんじゃないかと思えてなりません。


そんな環境ですが、お隣の開発のシマはいつも静かです。
偶に作業相談的な会話が聞こえてきたり、偶にではありますが私語も当然聞こえてきますが
こっちのシマのような大声大変失礼だ的音声は微塵も飛んできません。
この差はなんなのかと本気で考えてしまいました。


休憩時に同僚にこの話題を持ち出したところ、
「開発はやる事がはっきりしてるから黙々と作業をこなすだけかもしれないが、
 こっちは決め事をしていく作業だから、どうしても周りと話す機会が多いからじゃないかな」
とのコメントをいただき、それも一理あるのかなぁと思いました。


仕事の違いはあれど、隣同士のシマでここまで違うのも面白いものだと思いました。


ちなみに。
隣の同僚は指パッチンから舌打ち系まで幅広く騒音を奏でる方なので
そのうち椅子で殴るかもしれません。
今まで仕事は基本的に単独もしくはサブリーダ扱いである程度指揮を取る側の事が多かった所為か
自分の領域を侵される事が全く持って許せない性分です。
なので、テンパッテきたらさくっとやっちゃうかもしれませんw


自分の領域、という点では経験上というよりも性格ですね。
領空侵犯が全く許せないタイプなので
他人から干渉される事を極度に嫌います。
嫌いますが寂しがりやなので人と一緒にいないと生きていけません。
以前親友から難儀な性格だといわれたことがありますが
私自身もそう思う今日この頃です。


とりあえず。


椅子は止めて机にします^^^^^^^^^^^^^^^^^^

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://fountain-of-melchior.com/mt/mt-tb.cgi/168

コメント(4)

そんな貴方にハトヤのスリッパプレゼント

今日思わず周りに聞こえるように「五月蠅い」と宣いまして
今日一日大分周りが静かで過ごしやすかったです。

思わずやっちゃったYOwwwwwwwうぇ

音が鳴ってないと仕事にならない音響系の職場に居ます。

後ろから隣から、JPOPだったり1kHzの正弦波が延々と鳴り続けたり
アニメの映像(DVD)が流れたり国会中継(TV)が聞こえてきたり
大分慣れました。

・・・というか、静かな職場に戻れません。きっと、たぶん(爆)

煌鴉殿>
まさに逆の環境だねぃw
まだ音楽だとかならいいんだけど。
といっても複数の音がなり騒ぐのはだめだけど。

まぁ普通の環境では普通に静かにしろってこった

コメントする

カレンダー

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.6

中の人

元IT業界の人
オールラウンダーという名の
究極の器用貧乏

その後、紆余曲折を経て
生まれ故郷でしんなりしている
そんな黒瓜のBLOGです。

音楽大好き読書大好き
ニコ房で野球房
ヘタレサッカースキー
音楽はボカロからクラシックまで
野球は巨人、楽天

多趣味という名の器用貧乏(笑)

最近のツイート