2015年5月アーカイブ

目指せドラゴンスレイヤー。黒瓜デス。
未だにドラゴンの住処に登る手段が見つかりませぬ('A`)

既にやることがなくなりつつあるSavage Landsですが
あれこれプレイしてみて気づいた事をメモ代わりに残しておきます。

2015/05/28時点では日本語wikiすらない状況なので
兎に角情報が少なすぎて大変すぎるゲームなのですが
「情報が少ない=プレイヤーが少ない」
でもあるんですよね。
プレイ人口が少ない理由は単にやれる事が少なすぎるのと、
最近サンドボックス型がボコボコ涌きすぎなのと、この辺かなぁと。

サンドボックス型のゲームが増えたのは、どうみてもマイクラの所為ですね。
あの8bitな画面までは真似されないんでしょうが(存在はしますw)
それをリアル嗜好の今時3Dにしても、やれる事をマイクラと同じように
「ゼロから好きにして(=´∇`=)b」
では、偉大な先達であるマイクラに没頭して
そのシステムに飽きているプレイヤーには訴求効果は薄いんじゃないかと。
こればっかりは二匹目のドジョウはむずいんじゃないかなぁ( ̄▽ ̄;)

と、無駄な余談になってしまったので以下本題。



■前提
まずは、このゲームの大前提中の大前提は
・スタートして拠点を築く前に死んだら最初からやり直すべき
ですww
間違いなく簡単に詰みますwww

リスポーン用のアイテムが建築出来ますが、これを作らないと
数カ所あるリスポーン地点からのランダムリスポーンになります。
所持アイテムは死体と一緒に全て落っことしてくるので
初期装備の防具すら持たずにふんどし一丁でリスポーンです。
素手ではまず何を相手にしても倒す前にヌッコロされますし
このゲームの特徴でもある「寒さ」に全く抗えません。
ちょっとウロウロしているだけで、寒さゲージがガリガリ下がり
狼や猪に見つかれば逃げることも出来ずにヌッコロされます。
諦めて、一からやり直しましょう(-人-)

■チュートリ的初期目標
ver0.6.0 #10の時点で、画面右上に「EARLY ACCESS BUILD」という
チュートリアルを兼ねた実績が表示されています。
この実績を達成する毎に、ちょっと派手目なファンファーレが鳴ります。デーン。
ゲームをスタートして落ち着いたら、この実績を解除するようにしていくと
ゲームの内容の大凡が分かると思います。
(※その程度の内容しか無いともいう)





■インベントリ
「I」キーでインベントリ画面が表示される。



左側は落ちているアイテムが表示されます。
右上は固定のアイテム所持枠で8個固定。
バッグパック等の追加インベントリ系は8個の固定枠にしか持てないので
最大でも8個までしか追加出来ません。
なので、枠拡張アイテムはなるべく上位の物に置き換えていく事になります。

自枠の下にバッグの中身が表示されます。
表示される順番は、自枠の左上から右へ順番にZ型で表示。
スタート時点では3個枠のバッグを1個拾えるので
それを拾うとその3枠が表示されてます。



■クラフト
「K」キーでクラフト画面が表示されます。



作成可能なレシピが左側に表示されます。
白文字の物は、手持ちで作成出来る物。
グレー文字の物は、材料が手持ちに無い物。

クラフトに使う素材は、8枠以外にバッグの中にあっても認識されます。

レシピの追加はどうも自動で行われており
多分アイテムや素材を拾ったタイミングで追加されている模様。
このブログの時点では、レシピを追加するアイテムは実装されていません。



■クラフト(BUILD DIAGRAMS)
「J」キーでJOURNALが表示されます。



JOURNAL上段のタブを切り替える事で、アイテムや生物の図鑑的なものが見られます。
アイテムは入手していなかったり、レシピが開放されていない物は
鍵がかかった画像になっています。

このJOURNALで、実は建築に分類される物の作成が行えます。
JOURNALのタブの一番左側のハンマーのアイコンが「BUILD DIAGRAMS」で
この画面から建築物を作成出来ます。



画面を開き作成したい物をクリックすると、作成場所を指定するカーソルが出るので
場所を決めて「E」キーを押すと、そこに完成予想図的な物が作成されます。
後は材料を持った状態でその予想図に近づいてEキーを押す度に
アイテムが費やされていき、必要な材料を全てつぎ込み終わると完成となります。



完成予想図を目印代わりにあっちこっちに置いても
何かのタイミングで消されている事が殆どなので注意。
建築をやり直したい場合は、一度殴って破壊します。
注ぎ込んだ材料に応じて耐久度が上がっているので
何も入れてないなら一撃で消滅します。

建物の色が赤は「建築不可」
緑が「建築可能」
黄色が「建築中」
といった感じ。

Eキーを押して建築中にする前なら、マウスのスクロールで向きが変えられます。
ちょっと分かりにくいのですが、入り口の向きを調整するのに使います。



■スタート後、拠点獲得まで
ざっくりとした流れとしてはこんな感じ。

●生まれ落ちたら、兎に角周囲のアイテムを片っ端から拾う
武器代わりにもなる斧やハチェットが落ちている筈なので、まずはこれをゲット。
唯一耐久度が設定されていない胴防具が落ちているのでこれも忘れずに。
拾ったら念のためにインベントリを開いて装備しているか確認しておきます。
該当部位の装備が無いと、拾った瞬間に装備してくれる謎の便利動作なので
この防具だけは拾えば装備している筈です。

更に「CLOTH SHREDS」が12個スタックされて落ちている筈。
これを拾ったら、クラフトで即「BASIC BANDAGES」を6個作っておきます。

●初期拠点場所決めを兼ねて、海岸沿いを右往左往
スタート地点でもいいし、移動してもいいので
まずは自分の拠点とする場所を決めておきましょう。
海岸沿いには生物がスポーンしない様なので
海岸沿いに一つ拠点を持っておくと、引き籠もれて便利。

開けた場所なら視界が利くので、内陸側が少し開けている場所がオススメ。

そんな場所決めをしながら、「STONE」「FLINT」を集める為に
下を向いて右往左往しますw
スタート地点近辺や、海岸沿いの大岩近辺によく落ちています。
この後作成する事になる「CAMP FIRE」(焚き火)の作成に必須なので
兎にも角にもこの2つを集めておきます。
アイテム枠が圧迫されて何かを捨てる必要が出た場合は
「WOOD LOG」と「WOOD STICK」の木材2種を優先して捨ててOK。
どうせその辺の木や枝を切れば幾らでも手に入るので
この辺は優先度を下げて構いません。

逆に石系素材は、ハンマー系装備で岩を叩いた場合にしか入手出来ず
ゲームを再リロードしないと再入手出来ない仕様のため
保持可能数の少なさと相まって、集めるのが大変です。
特に最序盤ではハンマー系装備が拾えない事もあると思うので
ハンマーが無いと拾う以外に入手手段がありません。
最低でも1スタック、出来れば2スタック分くらいは集めておきましょう。


●拠点の作成
場所決めが済んで、石漁りも落ち着いたら、次は拠点の作成に取りかかります。

このゲームは他の類似ゲームにはない要素として
「寒さ」があります。(※個人的には体温管理、と捉えています)
夜間は元より、吹雪いてきた場合も屋内にいるか、焚き火の側にいないと
寒さのステータスが凄い勢いで下がり、5%を下回るとHPが減り始めます。
この状態で敵性モブと戦闘なんてしようものなら余裕でヌッコロです('A`)
また、敵性モブは、プレイヤーが扉のある建物に入った状態で扉を閉めておけば
建物を攻撃したりせずそのまま何処かに移動するようです。
寒さを凌ぐためにも無駄な戦闘を避けるためにも、拠点は作っておきましょう。
もちろん、廃墟に住み着いてもOKです。

取りあえず最初に作るのは一番素材が少ない「WOODEN SHACK」でOKです。
実績にもなっている「LEANTO」は効果があるのか全く不明なので
こっちは完全に後回しでOK。
拠点が出来て素材に余裕が出たら、その頃に適当に作ればよいと思います。

ちなみに。
実績解除だけを狙うなら、海岸沿いに転がっているLEANTOを壊してから直せば
実はそれだけで解除されたりしますw

海の手前側に入り口を向けておくと、内陸側に敵性モブが涌いても
視線切りにもなるし(多分)、逃げ込むまでの間を作れるので色々捗ります。

WOODEN SHACKを建てる位置を決めて建築状態にしたら
作成中のWOODEN SHACKの入り口のすぐ側に「CAMP FIRE」を作ります。
 ※暖を取ったり調理をしたりで、CAMP FIREが最優先

個人的にやるときはこんな感じ。




建物の中に暖を取る物が作成出来ないので、必然的に外に焚き火を作るわけですが
あんまり離れた場所に作ると小屋との移動が面倒になるし
クラフトする際にアイテムを取りに移動する度にガリガリ体温が下がるので
拠点とする建物の入り口近辺に作った方が何かと便利です。
見た目はアレですが、延焼したりもしないので、拘らないならこれがベスト。

これで扉の前にいれば、寒さもしのげて楽々。
更にこの小屋にアイテムをどんどん放り込んで倉庫代わりにもします。
扉付きにはモブは入ってこないし、リロードしてもアイテムは消えないので
とりあえず小屋に放り込んでOKだと思います。

内陸部に入らない限り、敵性モブに襲われる事もないので
ここまでの展開なら不必要なダメージも受けていない筈。
この状態なら、最初に拾った食料と、拠点作成中に運良く手に入った木の実で
2日目の朝までは余裕でHP100%を維持出来ます。

日が落ちると体温が下がりやすくなるので
夜間は基本的に拠点に引き籠もる事になります。

焚き火は火が消えない限り、丸太をくべるだけで維持出来ます。
(※FLINTは火が消えている状態からの火起こしの時だけ使用する)
丸太が足りなくなったら、近場の木を伐採してくればよいので
夜間でも体温下がりすぎでヤバイ的な展開は回避しやすくなります。

焚き火で暖を取りながら、JOURNALでも見て日が昇るのを待ちましょう。
待っている間に、BANDAGE系を作成しておくのがよいです。
素材が余っているなら、実績解除を狙ってLEANTOを作ってもよいです。


●食料の確保
日が昇りだして、焚き火から離れても凄い早さで体温が下がらなくなったら
内陸部に入っていきましょう。
手持ちはハチェットと残っている食料。
作っているのであればBANDAGEを持てるだけ。これくらいあればOK。
ハチェットよりもダメージ値の高い武器があればそれでもよいです。
狩りに行くときはなるべくアイテム枠を空けていきましょう。

自分の拠点の位置が分からなくなると、地図が無いので彷徨いやすいですが
海沿いに拠点を作っていれば、とりあえず海に出られれば探すのは楽なので
内陸で迷ってもまだ何とかなりやすいです。

また、この島の中央部には、ドラゴンが住み着いている塔が幾つかあるので
内陸で迷ったらこの塔を目印にして移動すれば
海側に出るだけならそこまで迷走はしないかと思います。
それでも迷う時は大迷走しますがw

内陸部に入ったら、現Ver唯一の中立モブの鹿を探しましょう。

鹿狩りの基本は、背後からスニークして近づくこと。
キーボード操作なら「CTRL」キーを押している間は移動がゆっくりになる代わりに
相手に見つかりにくい状態になります。
当然、正面から近づいたら状態に関係なく即バレしますw
鹿が相手の場合、逃げ出されるとこちらがダッシュしても絶対に追いつけません。
基本的に、プレイヤーよりもモブの方が速力が上なので
どれだけ追いかけても追いつく見込みがありません(苦笑)
なので、無闇矢鱈に追いかけず、遠回りしてでも背後に回ってから
スニークして近づきましょう。



スニークしていれば接触するまで逃げ出されないので
そのままダッシュ(SHIFTキー押しっぱ)しながらハチェットをぶん回し
まず1発目を当てます。
モブのHPがMAXだとかなりの勢いで距離を取られますが
HPが減る度に相手の速力が下がっていくので、初太刀が大事です。
1発目を当てられればこちらのダッシュと同程度の速力になるので
そのまま追いかけつつ2発目を当てます。
2発当てれば鹿の動きがかなり遅くなるので、慌てずに3発目を狙い、
そこまでくればもう瀕死なので、トドメの4発目を余裕を持って当てて倒しましょう。

もし先に逃げ出されたら無理にダッシュして追いかけたりせず
逃げた方向に歩いて追いかけます。
鹿はある程度逃げた後、そのまま通常状態に戻っていますが
走って追いかけるとどうもこちらの呼吸音の所為でずっと逃走状態が続くので
永遠に追いつけませんw
なので、見失わない程度に歩いて追いかけましょう。

また、ダッシュ以外にも枝や草むらっぽい物に接触した際に「ガサガサ」と音が鳴ったら
これでも相手に即バレします。
同様に木こる際のあのカコーンという音も即バレです。
鹿なら逃げだされるだけで済みますが、敵性モブがいれば一斉に襲いかかってくるので
運が悪いと複数相手にフルボッコ余裕な展開に('A`)
そうじゃなくてもモブは建物以外は視認してくるので
こちらが草むらで気づけなくても余裕で襲ってきます。
なので、狩りの間は出来るだけ草むらや枝等には近づかないようにしましょう。

死体から
「RAW DEER MEAT」(鹿肉)
「LEATHER HIDE」(皮)
「SINEW」(「筋」という意味。革紐的な?扱いっぽいです)
がゲット出来るので、拾っておきましょう。
SINEWはランダムっぽいので必ず手に入る訳ではないようですが
大概の生物を倒せば手に入るので、余り気にしなくても大丈夫です。

尚、マイクラ辺りの経験者なら通じる話ですが
生肉は食べると当然良い事がありません。
特にこのゲームはよくあるデバフ以外にも体温の低下によってHPが減るので
例えば敵に襲われてピンチになった時に生肉を食べよう物なら
BLEEDING(出血)辺りと相まって余裕でトドメになりますw
現時点では焚き火でしか調理が出来ないので
生肉を手に入れたらその場で食べず、焚き火で焼き肉にしましょう。

朝から翌朝まで動き回るとすると、大体焼き肉が2スタック程度は欲しいので
クラフトで何かと必要になるSINEWの確保も兼ねて鹿狩りを続行します。
道中狼や猪に襲われる事が出て来ますが、複数に襲われないようにする為にも
見つかったら諦めて倒すようにします。

とりあえず、生肉を2スタック、SINEWを10個以上集めたら
アイテム整理を兼ねて拠点に戻ります。
方向感覚が無いと、地図が無い所為で兎角迷うので
日が出ている内に撤収するのがベストです。


●アイテム整理と装備の作成
拠点に戻ったら、とりあえず火をおこしつつ
食料以外は小屋の中に放り込んで整理します。
火をおこしたら、生肉を焼いて焼き肉にしておきます。
食料は腐ったりしないので、生のまま小屋に放り込んでもOKですが
生肉は欠点ばかりですし、焼く作業で特に素材の消耗等のデメリットは無いので
手持ちは全て調理しておきましょう。
現バージョンでは調理は瞬時に終わるので、本当にデメリットはありません。
 ※焼けば空腹やHPの回復量も増えるので本当にいいこと尽くめ

HPが減っていて落ち着かない場合はBANDAGEを使用しますが
安全な拠点にいるのですから、食事で賄います。
基本的にBANDAGEはBLEEDING状態の回復に使うつもりで
普段の回復は食事で賄うのが良いと思います。
布の確保は難易度が低いけど入手率が低めで面倒なんですよね( ̄▽ ̄;)

調理が終わったら、次は武器の作成です。

初期武器の「CRUDE STONE HATCHET」でもよいですが
ちょびっとダメージが増えている「STONE AXE」があるので
ハチェットをこれに代替します。

また、石系素材の確保に必須なのがハンマー系武器です。
最初に狙うのは「STONE HAMMER」がベストなのでこれを作成します。

 ※初期の装備として実はかなりの罠なのが「PRIMITIVE FLINT ~」という装備群。
 ※焚き火の火付けに必須になっていたり、序盤の装備作成に必要だったりで
 ※消費量が多めの素材「FLINT」(火打石)を大量に使う装備です。
 ※が、ステータスを見ると分かりますが、兎に角性能が低い(゚д゚)
 ※耐久力も最弱なので、CRUDE STONE HATCHETで木を切った感覚で使うと
 ※イライラする事間違い無しです。
 ※そして、気がついたら即壊れて消滅していることがザラwww
 ※伐採にしろ採掘にしろ、纏まってこなすことになるので
 ※耐久力の低さは結構大変なので、作らないように注意しましょう。
 ※廃墟等に良く落ちている物は遠慮無く使い潰してOKです。

とりあえず石製の上記2武器を作ったら
残った素材でバックパック系を作ります。
SINEWが余っていれば、スロット6個の「TORN RUCKSACK」がオススメです。
TORN RUCKSACKが2個も作れれば、この時点では枠は足りると思います。
TORN RUCKSACK2個くらいと「SMALL POUCH」1個もあれば余裕です。

バックパックを作ったら、ここで漸く防具です。
LEATHER系の防具を作って装備します。
ただ、この時点でSINEWとLEATHER HIDEが防具分まで足りない事の方が多いので
正直そこまで無理に作らなくてもよいかなぁとも思います。
夜間や吹雪の時に出歩かない限り、寒さもそこまで気にならないので
先の鹿狩りで狼や猪相手の立ち回りに不安を感じたら
TORN RUCKSACKの作成数を減らして、その分を防具にする感じがよいでしょう。

クラフトしながら夜明けを待ちます。


●採掘
夜が明けたら、採掘で石系素材を集めます。
例によって、武器と食料だけ持って移動します。
対象はその辺に転がっている岩っぽい物です。
どれも素材入手が数回~10数回程度で枯れるので
基本は拠点の近場を片っ端から掘り尽くすようにします。

出てくる素材はレアリティによって違うようなので
基本はSTONEとFLINTばかりになります。
まぁこの辺はリアルラックと要相談ですねw

海岸沿いに拠点を作っているなら、拠点を中心に左右の海岸にある岩を
片っ端から採掘していけば、とりあえず当面必要になる分の素材は
余裕で確保出来ると思います。


●再度の狩りへ
拠点に戻れる範囲で採掘を終えたら、装備を修理しつつ狩りの準備をします。

この時点でBANDAGEを使い尽くしていたり、最初の狩りで回復に不安が出た場合は
BANDAGEを自作しておきましょう。

まずは「SUNDERED COTTON」を集めます。



SUNDERED COTTON 6個でCLOTH SHREDSが1個作れます。
BASIC BANDAGESはCLOTH SHREDSが2個必要なので
SUNDERED COTTONを12個単位で集めます。

 ※SUNDERED COTTONは対象を破壊しても必ず出るわけではないので
 ※集めるのは結構面倒です( ̄▽ ̄;)

BANDAGEが出来たら、再度内陸へ移動し狩りをします。
例によって2スタック辺りを目処に鹿を追い回しましょう。
猪を狩れたら角が手に入る事があるのでこれはとっておきます。
まだまだLEATHER HIDEとSINEWがたくさん必要なので
見つけ次第片っ端から狩りましょう。

大体この辺りから落ち着いて行動出来る基盤が出来てきたと思います。
現Verのマップだと拠点になりそうな廃墟が5箇所程あるので
その辺を探してみるのもいいですね。
特に金属系装備や上位アイテムの作成には「FORGE」が必要になるので
廃墟にあるFORGEは中盤くらいまではかなり便利に利用出来ます。
物資に余裕が出て来て、自分で「BLACKSMITH」を作るようになるまでは
廃墟のFORGEが必須なので、これを機会に拠点を移してもよいかもしれません。


廃墟にあるFORGEの例。



この状態で「K」キーを押すとFORGEを使ったクラフト画面になります。
(※普段のクラフトと画面は一緒)

もしここまでにガイコツと戦闘し「HUMAN SKULL」を3つ手に入れていれば
自分が死んだ際のリスポーン先を固定出来る「PIKE OF RESSURECTION」を作成して
拠点に設置しておくとよいです。
敵性モブとの戦闘を上手く回避出来ているなら早々死ぬことはないので
本腰を入れて拠点を作る頃まで作らなくても大丈夫かとは思います。

 ※当然、よく死ぬって人は最初に作っておいた方が無難

作成・設置後は、Eキーを押して起動を忘れずに。

 ※青いオーラっぽい物が出ていれば起動済




廃墟を拠点にした際の注意点としては、
内陸というだけで生物のスポーン頻度が高い事で
敵性モブに襲われやすいという点です。
(※特にガイコツ系がやたら涌いている感じがします)
シングルプレイなら自分が入る分の建物だけで十分なので
複数建物があっても、余り利点は無いと思います。
反面、モブ涌きが多い事で食料確保は楽になりますが
戦闘数が格段に増えてしまう為、装備の摩耗や出血の手当など
HP管理がシビアになります。
その辺は自分自身と要相談ですね。



というわけで、大分長くなりましたが
おいらなりの序盤のやり方の紹介でした。
プレイ人口の少なさを考えると、今後日本語化もされないでしょうから
序盤の取っつきにくさやの解消や、プレイに踏み切る理由になれば
嬉しい限りデス(=´∇`=)



その他TIPS的な。

●各アイテムの詳細は、クラフト時以外は表示されない
※マウスオーバーでは表示されない

詳細を確認したい場合はJOURNALを開き、図鑑的なあの画面で確認出来る。

よくあるパターンだとマウスオーバーで表示されるのが殆どなのに
このゲームにはそれがない。
他ゲーで慣れていると、これが以外と不便に感じるが
ステータスの種類がある訳でもないので見なくても困らない事に
後々気づいてしまうという、そんなオチw


●コンパスの指し示す方角は「北」
マイクラやそのパチモンリスペクト系だと、リスポーン先を指し示したりするけど
このゲームの場合は「北」である。
ただ、地図という物が存在しないので
方角が分かったとしても、相対的に自分の位置が分かる訳でも無く
「拠点が見つからずにドツボに嵌まりつつガタブルしながら凍死する」
までがテンプレヽ(´ー`)ノ



コツとしては、現時点でのこの島というべきマップには
中央にドラゴンがいる塔が3つ程あるので、方角と塔を組み合わせて覚えておくと
そこまで迷走する事はないと思う。
・・・方向音痴はシラネ(゚д゚)


●海岸沿いには生物がスポーンしない
自分で連れ立って来たり、鹿が逃げ出した場合は除く。

拠点にしやすい廃墟の類は、少なくとも海が見えない程度に内陸にあり
内陸に行くほど生物のスポーン率は増える。(と思う)
鹿の様に攻撃性の無い生物だけならそれでいいんだけど
骸骨や狼、猪にクマーも延々涌いてくるので
落ち着いて作業に没頭出来る環境が欲しいと思った場合は、海岸に限る。
但し寒さはハンパないので、寒さ対策は必要。


●建築する際にマウススクロールで向きを変えられる
意外とこれに気づきませんでした( ̄▽ ̄;)

Eキーを押して建築場所を決定する前なら、マウススクロールで向きが変わります。

これをやらないと、崖の近くとか岩の近くとかに建物を建てたら
入り口が埋まって建物に入れない、とか普通にあるので注意( ̄▽ ̄;)
ちょっとした段差があっても扉の天井?部分に引っかかって入れないので
建築する際はその辺も注意しましょう。


●修理はその装備の作成に必要な素材の何れか一つでもOK
初期のバージョンでは修理そのものが無くて
装備は全て消費しては作り直すしかなかったっぽいが
現Verでは耐久値を回復させる修理が可能。
クラフト画面のレシピ選択部分の一番右のタブから選択する。



修理に必要な素材は、その装備の作成に必要な素材だけど
どれか一つでもあれば修理自体は可能っぽい。
当然、回復量を増やすには素材の数そのものが必要になる。

金属系の装備でも無い限り、正直作り直しでも全然良いと思う。
コスパそのものは新規作成と変わらないっぽいので
木や石で作れる装備は自分のインベントリや活動場所との兼ね合いで
自由にしてよいかなぁと。

ただし、金属素材はなかなか手に入りにくく、数も揃いにくいので
相応の装備になってきた頃からは、修理は必須になる。


●木材の伐採は根元まで
木こると根元が残る木材ですが、この根元も木これます。
これで1個分追加出来るので、目印にでもするとかなければ
纏めて伐採した方が楽。




●アイテムは地面に落ちていても消滅しない
屋外でも屋内でも消えずに残るっぽい。
少なくとも現バージョンではリログしても消えてません。

プレイヤーは拾う以外にアイテムを動かせませんが
他のモブはアイテムを吹っ飛ばしてしまうので
扉付きの小屋に放り込んでおくと、倉庫代わりでよい感じ。


●スニークとダッシュ
キーコンフィグを見ると、この2機能があるのが分かりますが
具体的な使い処はというと

・鹿に逃げられないようにするため

しか考えられませんねwww

スニークした状態だと、背後から近づけば接触するまで気づかれないので
まずは適度な距離を歩いて詰めて、その後スニークしながら接近。
そして、武器をぶん回しながらダッシュして相手が死ぬまで追いかける。
そんな使い方w

現Verではプレイヤーよりもモブの方が圧倒的に速力があるので
逃げる相手に追いつけず、追いかけてくる相手から逃げられない残念仕様です(´・ェ・`)
現状見つかった状態で逃げ切れる敵さんはガイコツさんしかいません(´・ェ・`)
そのガイコツさんも上位の奴等はえらい速いので逃げられません(´・ェ・`)

そんな訳で
鹿狩りのお供の基本はスニーク&ダッシュでがんばりませう(=´∇`=)


●チェストの設置と回収
所謂宝箱「PINE STRONG BOX」が置き型バックパック的な存在です。
ですが、設置の仕方が分かりません(゚д゚)

あれこれやってみた結果、装備枠5個のところに置いて使用状態にし
「G」キーで捨てると設置扱いになりました。

中身の出し入れは、設置状態でないと出来ません。
設置状態だと「Eキーを押せ」的な文言が出ているので
押せばインベントリが開きます。

捨てたアイテムと同じ扱いなので、もし設置位置を変更したい場合は
近づいてIキーでインベントリを開けば「VICINITY」に表示されます。
これを「INVENTORY」8枠のいずれかに移動させれば回収出来ます。
ただし、中身が無い場合に限る様です。
GW?残念、もう終わってました!黒瓜デス。
6月待ったなしですが、皆様如何お過ごしでしょうか?

面倒くさがってまめに更新しないと
こんな最後に更新したのいつよ?っていうね。しかたないね('A`)

リアルもあれこれありましたが、まぁそっちはアレなんでおいといて
ぼちぼちやってるゲームの話でもでも。



■FF14
6月後半に初のパッケが出るので、それ待ち。

・バトルジョブは黒魔で固定
・学者はエンド系に突っ込めるプレイヤースキルが無いので放置
・槍と弓は飾りです。偉い人には(ry
・クラのルキスは終わったので、悠々自適にギル稼ぎ
・ギャザのルキスは折り返しで絶賛放置中
・黒魔と学者の詩学装備は揃ったので、正直やることが無い
・「まれに」なんて実装されてなかった

個人家が欲しいので、お金はちんまり稼いでいるけど
正直やることがないし、やる気も起きないのが現状ですね(´・ェ・`)

バトルジョブ的には、黒魔の武器がネクサスで止まっているので
せめて詩学武器にするってのも手ですが、やるk(ry
同様に、学者の武器もやりたかったけど、やっぱりしんどい(´・ェ・`)
ZWくらいは終わらせたかったけど
もはや出そうな雰囲気すらない「まれに」の所為でやる気はもうゼロよー('A`)

パッケが出たら、新ジョブやりつつLVキャップ開放で
またLV上げ作業がやってくるので、その頃にはやる気も出てるかなぁ。

まぁあれだ。やることが増えればまたモチベも戻るパターンでしょうな。



■マインクラフト
ずっと噂は聞いていて、手を出したら多分ドハマリするだろうなぁと
そんな感じで極力スルーしてきましたが
余りにやりたいゲームが無くて、諦めて手を出しました(笑)

元々箱庭系とか経営系とか、その手のゲームは大好物なので
まぁ予想通りドハマリして気が狂わんばかりにやり込みました。

・・・が

所謂クリアがないサンドボックスなので、アレコレやったら飽きましたw

1.8.3からスタートして
ドノーマルプレイ⇒MOD入り⇒1.7.10でMOD入れまくり⇒秋田←イマココ
そんなw

1.8系で普通にプレイして、その後は定番のMOD入りでプレイ。
あちこちで工業系が紹介されていて、やってみたくて1.7.10にして
MOD入れまくりで重すぎわろたwwwな展開で進めてましたが
大地を掘削しまくってたら、まぁこんなもんかなぁと思って終了(汗)
最近やってた事も、もみじとメイドさんを溶岩に投げ込んだり
銃の的にして何とも猟奇的なプレイばっかりでした( ̄▽ ̄;)



■Software Inc
Steamで最近出た所謂マイナーゲー。
名前から想像出来る通り「ソフトウェア会社をつくろう!」です。
何も無い土地に建物を作り、ソフトやゲーム、果てはOSまで作成し
それらを売り出してお金を稼ぐのが目的です。

難易度を下げるとそこそこプレイしやすかったですが
基本的にかなりシビアなバランスのゲームでした。
社員数をある程度増やしたら、ソフトを自社製作し
その売上が伸びている内に、別のソフトやゲームを作成し
そんな感じで利益を蓄えたら、OSを作ってがっぽり儲ける。
という流れでそこそこやり込めたので、あるときすぱっと飽きましたw

ランダム要素の一つに、社員が病気になると能力がガタっと下がるのがあって
かなりの人数規模になってから、ガタガタ能力を下げられると
また育成するのも面倒になるし、何より型にはまったプレイになれば
当然飽きやすくもなるわけで、その辺のバランスは今ひとつだったかなと。
でも、手頃なSteamゲーとしては、十分遊べるゲームだと思います。



■7Days to Die
FPS型ゾンビサバイバルゲーム。
ファンタジー系はFF14をやっているので、リアル系のがやりたいなぁと思って
Steamを漁っていて出会ったゲームでした。

探索してアイテムを集め、拠点を作り、ゾンビの群れから生き抜くゲームで
タイトルの通り、7日毎にゾンビの大群が襲ってくるし
ゲームの日数が増える程に強さも量も増えていき、生き残るのが難しくなる。

100日目くらいまでグリグリやったところで飽きましたw
拠点も数カ所作って、クラフトもやりこなして
多分もうやることはないなーと、そんな程度にまではやりましたね。
この手のゲームでありがちなのは、やれる事がそこまで無くて
ある程度やり尽くすと、やり直す以外にやることもやれることも無いという
そんなパターンに陥っていると思いました。

その後、プレイしないうちに大規模アップデートで
システム面から作り直しているのが現状の様です。
落ち着いたらまたプレイしようかなぁと思います。



■Car Mechanic Simulator
自動車をひたすら修理するゲーム。
2014に手を出したら思いの外面白くて、2015にも手を出しました。

2014はちょっとした要素ですが、シナリオ的な要素があったのですが
2015にはそれがなく、グラフィックは格段に良くなったけど
サンドボックス化した所為もあって、割とすぐに飽きてやってません。
ゲームそのものは面白いので、DLCが出たらまたやろうかなぁと。



■Savage Lands
ファンタジーなサバイバルアクションゲーム。
3月に出たばかりの、全力でアルファ版なゲームなので
現状余りにやれる事が無くて、3日で飽きましたwww

くまーとドラゴンとまだ戦ってないから戦ってみたいけど
余りにもやることがなさ過ぎて辛いw

カレンダー

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.6

中の人

元IT業界の人
オールラウンダーという名の
究極の器用貧乏

その後、紆余曲折を経て
生まれ故郷でしんなりしている
そんな黒瓜のBLOGです。

音楽大好き読書大好き
ニコ房で野球房
ヘタレサッカースキー
音楽はボカロからクラシックまで
野球は巨人、楽天

多趣味という名の器用貧乏(笑)

最近のツイート